「出会いのきっかけはSNS」絞殺を示唆…53歳男との“接点”は?札幌・女子大学生遺棄(2022年10月12日)

「出会いのきっかけはSNS」絞殺を示唆…53歳男との“接点”は?札幌・女子大学生遺棄(2022年10月12日)

「出会いのきっかけはSNS」絞殺を示唆…53歳男との“接点”は?札幌・女子大学生遺棄(2022年10月12日)

札幌市で大学生・瀬川結菜さん(22)の遺体を遺棄したとして逮捕された小野勇容疑者(53)ですが、新たに首を絞めて殺害したことをほのめかしていることが分かりました。

その部屋からは瀬川さんの携帯電話も見つかり、解析を急いでいます。

瀬川さんは3日昼ごろ、家族に「友達と手稲で待ち合わせをしている」と言って、小樽市内の自宅を出ました。しかし、その後、行方が分からなくなりました。

司法解剖の結果、家を出た後、今月4日ごろに亡くなったとみられます。

その後、容疑者のものとみられるツイッターには、何かが起きていたことをうかがわせる投稿が立て続けにされていました。

容疑者のものとみられるツイッター:「普段通りに生活してる やっぱ壊れてるなぁ」「ちゃんと供養する」「人の道ってどこだったっけ?また踏み外しちまったな でも役には立てた…のかな?」

2人の関係について、分かっていることは限られます。

捜査関係者によりますと、小野容疑者は「瀬川さんが行方不明となる前にも、会ったことがある」という趣旨の話をしていることが判明しました。

そして、出会ったきっかけは「SNSで知り合った」としています。

SNSを通じ3年前、小野容疑者と出会った女性に話を聞くことができました。

小野容疑者の知人:「自分がたしか高校生くらいの時、メンタルがしんどかった時に、いわゆる“病みアカ”というツイッターのアカウントの種類、つらいとか心の中を吐き出すツイッターの人たちがいて、それで知り合った」

遺体が遺棄されたアパートにも5~6回訪れたといいます。小野容疑者は様々な手作り料理をふるまったといいます。

小野容疑者の知人:「最初は鍋パーティーをしに行った。メインはだべったりとか、一緒にごはん食べたりとかして。1人で寂しいのを紛らわせるという言い方は変ですけど、ワチャワチャしながら。境遇というか、心がつらいのはお互いにあったので」

そもそも小野容疑者は、どんな人物なのでしょうか。

小野容疑者の知人:「職業は昔、自衛隊だったという話と、義勇兵、海外の弱いところに自分で参加する兵隊に参加したと。義勇兵でいっぱい殺してきて、それが夢に出てくるとか、そういう話をよくしていた。寝る時とかもスヌーピー抱っこしているって、ベッドのところに置いてあった」

小野容疑者のものとみられるSNSのプロフィールにも「元二等陸曹 元傭兵」と書かれています。

気になるのは「人殺し」「心優しき死神でありたい」とあること。

真偽のほどは分かりませんが、こんな話も。

小野容疑者の知人:「家でごちそうになった時に、昔、人を殺して山に埋めたみたいな話をしていて、自分はさすがに冗談だろうと思って、笑って聞いていた」

同様の話は、別の女性からも出ています。

小野容疑者の知人:「『2人殺した』と聞いたことがある。10年くらい前とは言っていた。『もう時効だからつかまらない』と言っていた。一度しか会ってない、怖くて。(Q.どうして?)ナイフを持ち歩いているから」

こうした情報について、警察は容疑者のものとみられるSNSからも把握していて、真偽を含めて慎重に調べを進めています。
[テレ朝news]

出会いカテゴリの最新記事